スバル360とは

スバル360とは、今なお、まれに路上を走る姿を見ることができる車です(笑)

レストア完了!気分は上々!!



航空機技術を応用した超軽量構造を採用し、また限られたスペースで必要な居住性を確保するための斬新なアイデアが、数多く導入され、量産型の軽自動車としては、史上初めて大人4人の乗車を可能とすると共に、当時の水準を超える走行性能を実現した戦後日本の歴史を語る上で欠かす事のできない「名車」です。


範となったフォルクスワーゲン・タイプ1のあだ名となっていた「かぶと虫」との対比から、
そのコンパクトにまとめられた軽快なデザインから、「てんとう虫」の通称で庶民に広く親しまれました。


生産中止後も、1960年代を象徴するノスタルジーの対象として、日本の一般大衆からも人気・知名度は高いです。
スバル・360が初めての自家用車だったという中高年層が多いことも、その傾向を強める一因となっています。
生産終了後約40年を経過しているが、後期モデルを中心に可動車も少なくなく、愛好者のクラブも結成されており、
今なお、まれに路上を走る姿を見ることができる車です(笑)
タグ:スバル360
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。